ストライダーカップ秩父を終えて

ストライダーカップin秩父のリザルトが公式ブログにて公開されております。
ロケ☆スタ勢、2歳Boys以外はファイナリストとして残っています。
日頃の練習方法が間違っていないということでしょう。

ストライダーカップ秩父リザルト

さて、秩父カップを終えて、公式ブログには様々なコメントがありました。
既にコメント欄は閉じてしまいましたが、運営へのお礼から、運営の改善を求める声、カスタムに関する車両レギュレーションに関する声、BMXコースでショートカット行為があったことに関する批判。

中には大会運営の揚げ足を取るようなコメント、また特定の個人を批判するような中傷コメントもあり、見なければ良かったと残念な気持ちになりました。

これは何故なのか、ストライダーカップの参加者の要求と大会主催者側のストライダーカップに対する定義にズレが生じて目的が二層化してきているからだと考えます。
つまり競技志向派と、そうでない完走志向派と。

大会側としてはガチンコレースをうたってはいるけれど、実際にはオモチャ会社の販促イベントであり、エントリーは抽選方式。
誰が本当に速いのかということは抽選漏れした子が走ってないのですからわからない状態です。

そういう意味では、今後はストライダーカップよりも上位にストライダーではなく、ランニングバイクというジャンルとしての、新しいスポーツ大会が出てくる必要があるのかなと思います。

そしてそこから産まれる新しい車両レギュレーション、競技ルールの確立。

ランニングバイク競技の地区予選、日本選手権、世界選手権へと繋がっていく道筋ができたら、どんなに楽しいでしょう。熱くなれるでしょう。

ちなみにひよこライダーズカップは、来年は日本選手権の開催を視野に入れて、準備を進めております。ご賛同、ご協力のほどよろしくお願い致します。

なお、ストライダーだけでもよいですが、トライアスロンのように、複合競技も楽しいと思います。最初に走って、ストライダー乗って、また走る。
ランニング+ストライダー+ランニングなんて競技も楽しそうです。
名付けて「ストライダスロン」とでも言っておきましょうか。
こちらもいずれ実現させたいです。

なんだか言いたいことがわけわからなくなってきましたが、ストライダーを通じて皆さんと楽しい時間を共有していきたいという気持ちは変わりません。今後ともロケット☆スターズ、ひよこライダーズカップをどうぞよろしくお願いします。

カテゴリー: お知らせ, 未分類 パーマリンク