ハンドルカスタムについて

ついに、我がチームのキャプテン、カッツのストライダーのハンドルカスタムを行いました。

以前からストライダーのハンドルをカスタムすることは流行っています。
ストライダー界では有名なノーペダルズさんのメンバーさんは全員カスタムストライダーですし、某渋谷系のショップでもカスタムキット販売していますね。

当初、我が家では、ストライダーのハンドルカスタムはグリップ交換くらいでハンドル、ステムなどの交換は不要と考えておりました。それにカッツは今後BMXレーサーに移行する計画なので、どうせカスタムするならBMXにお金かけたいという思いがあるためですね。

しかし、ストライダーには次の弱点があることがわかり、今回ハンドルカスタムを決意しました。
ストライダーの弱点とは身長に見合ったハンドルの高さ調整を行うためハンドルの高さをあげると、姿勢が窮屈になることです。通常、子供が成長するのに合わせて乗りやすくするために姿勢を調整してやる必要がありますが、ストライダーではこれが逆に高さをあげることでハンドルが手前になり乗りにくくなってしまう。

ハンドル位置が手前になることで、前傾姿勢を維持できないため、走りにくい、足の力が出しにくくなります。そこで、ストライダーカップなどの大会を目標とするにあたってはハンドルカスタムは必要だと考えます。

群馬カップまであと二週間ですが、いい結果が出せるように、カッツの練習、体調管理と気をつけて、本番で頑張ってもらいたいと思います。

ハンドルは高さ維持のためBMXハンドルをチョイスしました。

比較のためにモモの標準ハンドルと並べてみました。

最後に今回のカスタム化にあたっては、ムラサキスポーツ武蔵村山店にお世話になりました。
カッツ号はBMXハンドルは自前準備してあとはお店で取り付けをお願い致しました。
店頭のほうに「グランジ」のステム、「ビーウィッチ」ハンドルは在庫がいくつか残っていましたので、気になっている方はご相談頂ければと思います。
ラスタ君パパ、ご紹介いただき、また今日はお付き合いいただきどうもありがとうございました。またよろしくお願いします。

カテゴリー: カスタム パーマリンク